1. HOME>
  2. 防音、音響コラム>
  3. 音の基礎知識について>
  4. 低周波音の対策について

低周波音の対策について

投稿日:2014.11.25

低周波音の対策について

人体に多大な影響を及ぼしかねない低周波騒音ですが、どのような対策方法があるのでしょうか。ここではよくある低周波音の被害とともにその対策方法をご紹介します。

低周波音の性質について

低周波音の性質を知ることにより、効果的な対策をすることができます。
音は空気中に振動が波のように伝わることによって広がっていきます。低周波音は極めて低い音で空気の振動が少ないため、障害物を通り抜けやすく、防音しにくい特徴があります。
車やライブハウスから重低音が聞こえてくることがありますが、高い音より低い音の方が物体を突き抜けて伝わってしまうのです。
このようなことから、低周波音の対策は非常に難しいといえます。昨今の低周波音対策は、「音を防ぐ」のではなく、「音を発生させない」ことによって解決を目指す方法が多いのです。

ファンモーターによる低周波音対策

ファンモーターとは、PCやエアコンの室外機、冷蔵庫、換気扇などに取り付けられている部品で、電力によって連続して動きます。長時間の動作によって熱せられた各部を冷ますために、空気を入れ替える役割を果たします。

家の中で耳を澄ますと、冷蔵庫や室外機の「ボー」という小さな電気音が聞こえてくるかと思いますが、これはファンモーターによる騒音であることが多いようです。
ファンモーターは、機器を動かしている間は常に回転しており、低周波音が発生しやすい箇所であるといえます。
ファンが取り付けられている接続部分を補強することによって低周波音を軽減できる場合があります。また、ダクトやエアダクトと呼ばれる通気口を補強したり、音が発生しにくい製品に変えることも有効だといわれています。

配管からの低周波音対策

よくある低周波騒音として、配管からの音漏れがあります。キッチンの換気扇や排気口などから、外や違う部屋の音が伝わってしまうのです。
このようなケースでは、配管の配置を変えることで騒音を軽減できる場合があります。音の少ない場所に設置し、外部から入ってくる音を減らすのです。
自分で解決できる問題ではありませんので、少しでも不快に思ったらすぐに専門家に相談することをおすすめします。

低周波音の音源になるものを作らせない対策法

低周波音を発生させないことが一番の対策であるといえます。日頃から音に敏感な方は、音の小さな電化製品を買う、道路から遠い家に住むなど、根本的な対策をするとよいでしょう。低周波音は未然に予防することが重要なのです。

低周波騒音の対策方法は、現在、法的措置が定まっていないため、各自で解決するしかありません。とはいえ、防音対策は専門的な知識を要します。低周波騒音に悩んでいる方は、心身に被害が及ぶ前にプロに相談してみましょう。

商品案内

ミュージックキャビン
ミュージックキャビンは、セミオーダーシステムのユニット式ですので、柱や梁の形、扉や窓の位置に合わせて、ムダなく、そして、設置場所にキズをつけることなく施工できます。

詳細を見る

オーディオ・ホームシアター
今お持ちのシステムのポテンシャルを最大限引き出し、ご自宅に居ながらにして廻りに気兼ねなく、お好きな音楽をお好きな時におもいきり満喫できる快適で高い遮音性能と優れた音響性能のリスニングルームをご提供いたします。

詳細を見る

商品一覧を見る

施工事例

コラボレーション
集合住宅や戸建住宅の防音室の工事に際しましては、様々な建築会社、デベロッパー様と連携を取らせていただいております。
「MUSISION 新江古田」のみ。

詳細を見る

施工事例一覧を見る

コラム 施工事例ギャラリー 過去の実績一覧はコチラ 音楽雑貨専門店♪プレリュード

音楽雑貨専門店♪ プレリュード

ページトップへ