1. HOME>
  2. 防音、音響コラム>
  3. 防音対策について>
  4. ドラムの防音室を作る際のポイント

ドラムの防音室を作る際のポイント

投稿日:2014.11.25

ドラムの防音室を作る際のポイント

ドラムは特に大きな音が出る打楽器です。普通に叩くと100デシベル程度の音が出ますので、家に何も防音対策を行わない状態で叩けば、多くの場合、騒音の苦情が来てしまうでしょう。

自宅に持ちこんで練習したい方も多いのではないでしょうか。ドラムを家の中に設置するにあたって必要なのが、防音室です。ここでは、ドラムに関する基礎的な知識から、どのような防音室をつくればいいのかを解説いたします。

ドラムの特徴

ドラムはいくつもの打楽器が組み合わさってできています。そのため、一つのドラムセットから多種多様の音が発生し、その音質はさまざまです。

ドラムセット上部に設置されているシンバルからは非常に高い音が出て、逆に最も低い音は、バスドラムというペダルを踏むことで叩く大きな太鼓からでます。このバスドラムとシンバルの音をイメージするとわかるように、高低差が激しい音を発することができると言えます。
ドラムの音圧は楽器の中で一番大きく、振動を伴う低音域の音が作られやすい楽器です。低音は高音に比べて音が広がりやすいので響きやすく、バスドラム等の振動が床をはじめ、部屋全体を震わせるので騒音になりやすいようです。

防音室の基本

ドラムの防音室の基本は、外部に音の振動を伝えない事です。外との間にできるだけ音や振動を吸収する物質を挟むことによって、その効果が得られます。

浮壁、浮床、強化ゴムを使って、部屋から音の振動が伝わることを防止し、石膏ボードや合板、グラスウールなどで部屋の四方を補強することで音漏れを防ぎます。このような施工によって内部からの音漏れを防ぐことができると同時に、外部からの騒音もなくし、音楽に集中できる環境を作りましょう。
部屋の中の音の反響についても考えます。適度な反響をさせるために、部屋の内側の壁に遮音性の高い石膏ボードなどの硬めの素材を使い、最適な音の響きを保たせます。音を外部に漏らさないと言うだけでなく、部屋の中では音を最高に楽しめる環境を作るべきです。

遮音性「D値」で測定

防音室を設計する上で参考になる数値が、「D値」と言う遮音性能を表す数字です。音が発生した時の大きさと聞こえた時の大きさの差から算出され、例えば80デシベルの音が発生したのですが、耳に聞こえたときは30デシベルで聞こえたとすれば、その差の50デシベルが「D値」となります。
ドラム室を作る際には、D値が65~70程度になるように設計すると、理想的な遮音が可能です。一般的にドラムを叩けば100デシベル程度の音が出ますので、100デシベルから65~70デシベルを引くと30~35デシベル。この数値を目標に遮音性を高めれば、ドラムを家で叩いても外部に影響が少ない作りになるのです。

家庭で日常的にドラムを叩くことは可能です。近隣トラブルもちゃんと回避することができるので、上記をご参考に是非自分だけのドラム室を作ってみてはいかがでしょうか。

商品案内

ミュージックキャビン
ミュージックキャビンは、セミオーダーシステムのユニット式ですので、柱や梁の形、扉や窓の位置に合わせて、ムダなく、そして、設置場所にキズをつけることなく施工できます。

詳細を見る

オーディオ・ホームシアター
今お持ちのシステムのポテンシャルを最大限引き出し、ご自宅に居ながらにして廻りに気兼ねなく、お好きな音楽をお好きな時におもいきり満喫できる快適で高い遮音性能と優れた音響性能のリスニングルームをご提供いたします。

詳細を見る

商品一覧を見る

施工事例

コラボレーション
集合住宅や戸建住宅の防音室の工事に際しましては、様々な建築会社、デベロッパー様と連携を取らせていただいております。
「MUSISION 新江古田」のみ。

詳細を見る

施工事例一覧を見る

コラム 施工事例ギャラリー 過去の実績一覧はコチラ 音楽雑貨専門店♪プレリュード

音楽雑貨専門店♪ プレリュード

ページトップへ